トップ

コンピューターの演算能力

コンピューターの演算能力は、年々向上しており、CPUやグラフィックボードの計算能力が上がったことで、科学技術分野でのシミュレーション用途や3Dグラフィックの高精細化などが実現しています。また、高い演算能力のあるコンピューターとヘッドマウントディスプレイを導入することで、拡張現実や仮想現実といった技術が進化をし、仮想世界を自由に歩きまわったり、ゲームのキャラクターと触れ合ったりといったことが可能になってきています。パソコンだけでなく、スマートフォンなどに搭載されているプロセッサの計算能力も高くなっていますので、従来よりも高度な機能を追加しやすい環境が整っています。

起動

演算処理とは処理スピード

コンピューターには、以前は計算機という表現をしていました。これは演算という足し算を繰り返し行う事によって処理を行っていたからです。絵を描いたり動画を処理する場合にも単純な計算を繰り返し行う演算処理を行います。この処理を行うスピードがコンピューターの性能に比例するようになります。現在では、一つのCPUと呼ばれる装置では限界に達しており複数のCPUを搭載する事をデュアルコアやクアッドコアという表現にて複数台を搭載するようになってきました。今後も処理速度が高くなるように追求していくことが考えられます。

新着情報

↑PAGE TOP

© Copyright コンピューターで作る現実. All rights reserved.